第五福竜丸

IMGP0024IMGP0026 IMGP0027 IMGP0028

先日東京都内夢の島にある「第五福竜丸展示館」を見学しました。(近辺のウォーキングの一環として)

第五福龍丸は1954年3月のアメリカの核実験の犠牲となった、当時の遠洋マグロ延縄漁船です。被害を受けたのは、第五福龍丸だけではなく、日本各地から多くの船が出漁し被害を受けました。1954年末までに856隻が放射能に汚染されたマグロを水揚げし、多くの乗組員が被ばくしています。

第五福龍丸はその後水産大の練習船「はやぶさ丸」となり、1967 年に廃船処分となりました。解体業者に払い下げられ、船体はゴミの処分場であった「夢の島」の埋立地に放置されました。これを知った市民の間から保存の動きがおこり、「沈めてよいか第五福竜丸」の投書(朝日新聞 1968 年 3 月 10 日)や原水爆禁止運動など全国で取り組みが進められ、1976 年 6 月に東京都立第五福竜丸展示館が開館し、船は展示・公開されました。

改めて核の恐ろしさを実感しました。核、放射線、原子力は人間には取り扱うことができないものだと思います。原子力発電所立地場所の皆さまはそこで生活が成り立っているため、”原発反対”とは言わないと思います。それは理解できますが、福島の事故後の状況をよく見れば、地元の人々のためにこそ、できるだけ早い時期に原子力発電所は全廃に向けて動き出すことが必要だと思います。核兵器をゼロにすることはもちろん即実行です。

上泉義朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です