今年の春分の日

星槎湘南大磯キャンパスから相模湾が一望できる。
逆に海から陸を望むとご覧の様に晴れていれば大磯キャンパスは勿論、富士山も望める。
この連休に久しく船釣りに行ってなかったので、大磯漁港から釣り船に揺られ相模湾のど真ん中で釣り糸を一日垂れてのんびりと言いたいところだが、この時期獲物は鰤なのですが、水深200m辺りの海底に潜んでいるので、上げ下ろしが大変なんです。
大変といっても電動リールで遣って居るので、上げるときは楽である。
この鰤を釣るのに、まず餌を獲らなければ、鰤を釣ることが出来ません。
写真の錨型した針で水深180m~210mあたりにたむろしているカマスの背中を狙って大きな重りを着け、勢いよく落とし、この針がカマスの背中に刺さったところで巻き上げる訳です。
釣るというより、引っかけて獲るのです。これを生け簀に生かしておき、鰤の餌になるわけです。
今回、餌もあまり獲れず、鰤も全く掛からなかった。
情けないのですが、仕方なく、家に餌を持ち帰りカマス(約30m)の塩焼きで酒の肴になりました。鰤が食べたかった!。

DSCF3323 DSCF3338 DSCF3343

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です