5月6日のX2.7大規模フレア

日本時間5月6日7時(世界時5日22時)に、太陽の東の端(左側の端)で、X2.7のXクラス大規模フレアが起きました。

Xクラスに達するフレアは、日本時間3月12日のX2.1以来で、今年に入って2回目の発生です。

SDO衛星AIA131カメラによるフレアの様子を紹介します。

20150505_221158_X2.7_1

こちらは拡大写真です。太陽のちょうど端で起きました。

20150505_221158_X2.7_2

フレアを起こしたのは、この12339黒点群です。規模も大きく、とても目立つ黒点でした。

20150505_221040_X2.7_3

しかし、この後はCクラスのフレアばかり起きていて、次第に活動は弱まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です